Releases

Tonbé Lévé

Arnaud Dolmen

Tonbé Lévé

2017年12月10日

MCLD-010

¥2,484 (¥2,300+tax)

Cover Tonbé Lévé Arnaud Dolmen

パリのクレオールジャズの中心的存在になりつつある若き天才ドラマー/ka奏者アーノウ・ドルメンのデビュー作。

グアドゥループ出身。幼少時からソニー・トルーペの父ジョルジュ・トルーペの主宰するキンボル・ミュージックスクールでkaとドラムを習い始め、ソニーを兄のように慕うようになる。モントリオールで活躍するシンガーのマリカ・ティロリエンも幼なじみ。トゥールーズのドラム専門学校に通い、パリに進出。2010年、ジャック・シュワルツバルトの推薦により小沼ようすけJam Kaバンドのka奏者に抜擢された。その後、ドラマーとして躍進し、現在ではマリオ・カノンジュ、アラン・ジャン・マリー、グレゴリー・プリヴァ、ソニー・トルーペなどクレオールジャズのミュージックシーンだけでなく、バティスト・トロティニョン、ボヤンZ、リサ・シモンなど、フレンチ・ジャズ・シーンにおいてまさに注目のドラマーとなっている。バルセロナ在住のブラジル人マルチインストゥルメンタリストのムニール・ホッスンのアルバムにも参加している。

アルバムジャケット写真に写っているのはアーノウのアイディアが実現したスネア・カ。通常のスネアとしてドラムキットに組み込める一方、kaとして使用することもできる。

Axé sur une esthétique de Jazz contemporain, Tonbé Lévé, premier album d’Arnaud Dolmen, est mélangé aux rythmiques caribéennes dont celle du Gwoka, musique et danse traditionnelle de la Guadeloupe dont il est originaire. Sur les 13 pistes composées par le batteur international* figurent cinq invités de renom dont le pianiste Mario Canonge et le guitariste Lionel Loueke. Arnaud et ses trois acolytes libèrent des mélodies simples et élaborées.

En collaborant avec Jacques Schwarz-Bart, Naïssam Jalal ou encore David Linx, le chef d’orchestre aux deux baguettes offre à Tonbé Lévé une dimension abstraite, unique et représentative de notre monde. Arnaud Dolmen affirme, à travers cet album, que les déséquilibres de la vie sont une force avec l’aide de son jeu aérien, véloce et imprévisible agrémenté de notes incisives.

Arnaud Dolmen Quartet: 
Arnaud Dolmen アーノウ・ドルメン (dr, perc)
Léonardo Montana レオナルド・モンタナ (Piano, Fender Rodes)
Adrien Sanchèz アドリアン・サンチェス (Tenor and Soprano Saxophone)
Joachim Govin  ヨアヒム・ゴヴァン  (Double bass)

Guest musicians ゲスト
Lionel Loueke リオーネル・ルエケ(g)
Mario Canonge マリオ・カノンジュ (p)
Fanm Ki Ka ファンム・キ・カ
Erik Pédurand エリック・ペデュラン
Cynthia Abraham シンシア・エイブラハム


Arnaud Dolmen “Tonbé Lévé” はコメントを受け付けていません。